エンドポイント環境の管理作業を省力化

脅威の阻止とリスクの回避

機械学習による動作分析、ウイルス対策、エクスプロイト防止、ファイアウォール、Web 管理などの基本的なセキュリティ機能が連動して機能します。 集中管理とデータの可視化により、保護対策の強化とポリシーの変更を迅速に行うことができます。

自動化

リアルタイム スキャン、クラウドを利用した分析、アプリケーションの隔離、修復のロールバックにより、不審なファイルやゼロデイ マルウェアの影響を限定的にします。 手動による検出や修復は不要です。分析、封じ込め、修復を自動的に行い、脅威の拡散を防ぎ、エンドポイントを正常な状態に戻すことができます。

EDR で脅威を特定

統合・自動化された適応型のエンドポイント検出/対応 (EDR) 技術により、ワンクリックでインシデント対応を行うことができます。 AI を活用した調査機能により、経験の浅い担当者でも脅威のトリアージを迅速に行うことができます。

製品ツアー

修復のロールバック

脅威が行った不正な修正取り消し、以前の正常な状態を自動的に復元し、システムとユーザーの生産性を維持します。

機械学習による分析

状態と動作を調査し、回避技術を駆使するゼロデイ脅威をほぼリアルタイムで検出します。

集中管理

McAfee ePolicy Orchestrator コンソールにより、環境全体を可視化し、管理作業を軽減できます。複数のセキュリティ対策を統合し、コストを削減できます。

製品機能

アプリケーションの動的隔離

脅威の侵入口として利用されるエンドポイントを保護し、ランサムウェアやグレーウェアによる攻撃を阻止します。

マルウェア対策による保護

マルウェア対策エンジンが McAfee Global Threat Intelligence により継続的に更新されます。このエンジンは、複数のオペレーティング システムに対応しています。

プロアクティブなWebセキュリティ

エンドポイントでの Web 保護とフィルタリングで、安全なブラウジングを実現します。

データシート

ダウンロード

無料トライアル

ダウンロード

詳細情報

お問い合わせ